« 『ニュー・ワールド』・試写会 | トップページ | 『明日の記憶』・本 »

2006年2月22日 (水)

『三年身籠る』・劇場

今日は『三年身籠る』を観てきた。

《私のお気に入り度:★☆☆☆☆

レディース・デーということもあり

女性客ばかりで84席の劇場はほぼ満席だった。

でもちょっと期待はずれ…

羊水の中にいる子供が笑ったり泣いたりしゃべったり(!)できるのか?!

ずっとお腹の中に閉じこもっていた子供が

産まれてすぐに二足歩行できるような筋肉があるのか?!

…なんて突っ込みどころが満載で

ちょこちょこ笑えるトコもあったから寝まではしなかったけど

昨日の『ニュー・ワールド』に引き続き

ストーリーがゆったりと特に起伏もなく進行していって

満腹感の味わえない物足りなさが残った。

映画に出てきたたくさんの料理が美味しそうだったから余計に…。

|

« 『ニュー・ワールド』・試写会 | トップページ | 『明日の記憶』・本 »

「シネマ鑑賞作品」カテゴリの記事

「劇場でシネマ」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13171/800622

この記事へのトラックバック一覧です: 『三年身籠る』・劇場:

» 映画のクチコミ情報館〔film-navi〕 [フィルムナビ〔film-navi〕]
しましまシネマライフ!様、三年身籠るのトラックバックありがとうございました。フィルムナビでは、さまざまな映画のクチコミ情報を集めています。映画の感想などをブログに書かれた時には、ぜひまたトラックバックして下さい。お待ちしております!... [続きを読む]

受信: 2006年2月24日 (金) 08時02分

» [ 三年身籠る ]オンナの世界、フタリの世界 [アロハ坊主の日がな一日]
[ 三年身籠る ]。映画を観て、初めてデジャブった。 旦那の徹(西島秀俊)がとり団子を箸でつかもうとしたら、 落としてしまった。嫁の冬子(中島知子)が「ちゃんと箸 を使ってっていつも言ってるでしょ」と叱る。映画では、 笑いがおこったシーンだ。僕は同じシーンを見たことがあ る。正確には経験したことがある。昔の彼女によく言われ たセリフだ。まあ、今となっては懐かしい。 このあとも、ほとんど経験あることがシーンとして続く。 誕生日などのイベントがあると、冬子の家族は必ず集まっ ては美... [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 16時33分

» 三年身籠る/戦略のまなざし [マダム・クニコの映画解体新書]
女性の身体(妊婦)に焦点を当てて、伝統的な価値観を見直そうという大胆な試みが興味深い。個性派女優・唯野未歩子の原作・脚本・監督(初)作品。女性スタッフを数多く採用し、女性監督ならではの斬新な視点がきらめく秀作だ。完全なネタバレにはならないように書こう。 三年身籠る  冒頭、霧の中で道路を掃く箒の音だけが聞こえる。次第に霧が晴れて、主人公である9か月の妊婦・冬子が 後ずさりしながら掃除する姿が映し出される。 �... [続きを読む]

受信: 2006年3月 4日 (土) 18時31分

» 三年身籠る [空想俳人日記]
身籠れば 私もあなたも 同じ親   三年も身籠ると大変だろうな。そう思いながら、この映画、観に行ったけれど、そのとおり、見事に大変でしたねえ。あんなにおなかがはちきれんばかりに大きくなって、おなかの皮って、はちきれないのでしょうか。徐々に大きくなるのだから... [続きを読む]

受信: 2006年3月11日 (土) 18時24分

» 三年身籠る [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
29歳の末田冬子は妊娠9カ月ですが、一向に、子どもが生まれる気配はありません。妊娠18カ月目に突入し、周囲の好奇の目に晒されるようになります。そして、ついに、27カ月に...。人里離れた山荘に逃避した冬子のお腹は、まさに、はち切れんばかり。その中で、子どもは、外界に... [続きを読む]

受信: 2006年3月14日 (火) 07時00分

» 【映画】三年身籠る [かりめろ日記]
■観覧場所 伏見ミリオン座■ ■脚本・監督 唯野未歩子■ ■cast 中島知子(オセロ) 西島秀俊 木内みどり 奥田恵梨華 鈴木一真 関敬六 塩見三省 丹阿弥谷津子ほか■ ■あらすじ■ 末田冬子、29才。 とりとめない生活の中に生じた唯一確かなこと、ただ....... [続きを読む]

受信: 2006年3月19日 (日) 00時36分

» 発想は悪くないんだけど…。『三年身籠る』 [水曜日のシネマ日記]
お腹の中に27ヶ月、子供を宿している女性の物語です。 [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 17時24分

» 三年身籠る [映画評論家人生]
動物園前シネフェスタ 前からとても楽しみにしていた。女性の原作、脚本、監督で、中島知子を主演にした大胆な試みであるし、予告も面白そうだった。だからか、私の中では不発に終わった。奇抜な発想だから、驚き... [続きを読む]

受信: 2006年4月 3日 (月) 00時45分

» 三年身籠る [とにかく、映画好きなもので。]
   ただいま妊娠9ヶ月。  予告編を見て、この映画観に行きた〜い!!!    と思っており、新宿武蔵野館にて観てきました。  末田冬子(中島知子)はもうすぐ妊娠9ヶ月の妊婦さん。  夫の徹(西島秀俊)は、父親になる自覚もあまり無く、愛人と...... [続きを読む]

受信: 2006年4月12日 (水) 02時41分

» 三年身籠る [ネタバレ映画館]
 産みの苦しみよりも、笑えないギャグが苦しかった。 [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 23時28分

» 映画「三年身篭る」を観て [とみのひとりごと]
 映画「三年身篭る」を、新宿武蔵野館で観た。  どうしてもこの映画が観たくなり、一念発起して新宿まで行った。新宿で映画を観たのは初めてだった。  新宿まで観に行ったかいがあった、と思うシーンがあった。妊婦の冬子の妹は、「ちょっとだけ」と、冬子の夫を誘惑。その後、何事も無かったかのように、「おねえちゃん、たまにはお化粧したら?」と化粧道具を持って来る。すると、冬子は、後ろからそっと、妹の長い髪を切り落とす。そして静かに言う。「何やってもいいわけじゃないのよ。面倒だから泣かないで。お化粧は...... [続きを読む]

受信: 2006年7月19日 (水) 10時36分

» 三年身籠る [泥海ニ爆ゼル]
「三年身籠る」 西島秀俊、オセロの中島知子が出演するちょっと不思議な作品。もし3年間妊娠したら…というありえない設定のもと、現実感あふれる細かい設定で観客を引き込む。いかにも「ありそう」な思いにさせられて、何だか楽しい。 冬子(中島知子)は妊娠9ヶ月。もうすぐ母親になるという自覚がないまま10月10日を迎えようとしている。一方、夫の徹(西島秀俊)は浮気に忙しく、夜はビリヤードで恋人とデート。冬子は浮気に気付いているが、あきらめた様子。女系家族の末田家は、冬子がなかなか産気づか... [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月) 02時22分

» 三年身籠る [CinemA*s Cafe]
http://www.threeyeardelivery.com/ けっこう期待して観ちゃったのが行けなかったのか、イマイチ面白くなかった私。 韓国とかそういうところではかなり笑いが起きていたっていう話を原作者&監督さんである女... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 23時02分

» NO.182「三年身籠る」(日本/唯野未歩子監督) [サーカスな日々]
唯野未歩子は「団塊Jr.」のもっとも良質な 問題意識と感性を持った監督かもしれない。 21世紀に入って、本当のところなにが起きるのか誰にもわからないまま、騒がれてきたのが2007年問題である。「団塊の世代」の大量退職の始まり。その2007年が到来した。 「団塊の世代」を語るとき、必ずくっついてくるのが「団塊の世代Jr.」の存在であり、おおよそ1970年代前半に生まれた世代から始まる。現在、30代前半である。この世代は「�... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 09時08分

» 映画『三年身籠る』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
祖母に曾祖母、親戚も女性ばかりという女系家族に恐れおののき、母のお腹の中の僕ちゃんは、3年ものあいだすくすく育つも、膣の中の羊水の海に浸る日々 人の妊娠期間はとつきとうか、11ヶ月も経てば帝王切開するだろうし、勿論人体のお腹だけがあそこまで... [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 13時57分

« 『ニュー・ワールド』・試写会 | トップページ | 『明日の記憶』・本 »