« 『ナイロビの蜂』・試写会 | トップページ | 『ゲロッパ!』・テレビ »

2006年5月 4日 (木)

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』・本

東京タワー オカンとボクと、時々、オカン リリー・フランキー
扶桑社 (2005年6月)                         449ページ

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

“ボク”とその母・“オカン”との関係を幼少時から別れまで、リリー・フランキー氏の実体験をもとにした長編小説。

泣ける本というのに惹かれて図書館で予約したものの

すでに200件を超える予約が!
(さらにもう一度確認したら予約件数が1800件以上に増えていた!!

しばらく読めないな…、と諦めてたところ

通っているジムのインストラクターさんがこの本を絶賛していて

私も読みたいんだけど予約が多くてしばらく無理そうです…と話したら

なんと快く貸してくれた!どうもありがとうございます!!

評判通り泣けた!号泣だった!!

結構いろんなトコでウルウルしてはいたのだけれど

特に号泣したシーンが3か所あった。

“オカン”を東京に呼び寄せるトコ“オカン”が亡くなった後

最後の“オカン”へのメッセージ

最後のメッセージは声を出して泣かずにはいられなかった!

“オカン”は“ボク”にこんなに想われていてホントに幸せな人生だったと思う!

誰にでも(存命しているか、一緒に暮らしているかは別として)必ずいる母親。“ボク”の母親は自分よりもまず息子にその人生を捧げてきた。世にいる母親は本来そういうものなのだと思う。子供はそんな母親のもと、安心してすくすくと育ち、やがて自立してゆく。しかし、その中にいるとあまりにも当たり前過ぎて、まるで自分一人で育ったかのように振舞ってしまう時期がある。でもある日、そんな大きな安心感に気付く時が来る。そして、そんな大きな存在を尊敬し、大切に思う日が訪れる。

私も女だし、もしかしたらいずれ母になることがあるかもしれない。でも、未だに自分中心に考えてしまう私は、例え自分の産んだ子供だとしても“オカン”のように、そして自分の母親が私にしてくれたように子供に接することができるのだろうか、こんな風に自分を犠牲にできるのだろうか、と考えてしまう。とても自信がない…。この本を読みながらそんな大人になりきれない自分にも涙が出てきた。

この本は改めて自分の母親に尊敬の念を抱かせてくれて

改めて女としての自分を見つめ直すことのできた素晴らしい本だった。

すでにドラマ化が決まっており、

7/29(土) 21:00~フジテレビで田中裕子・大泉洋主演で
↑11/18に変更

やるらしい。是非観たい!

|

« 『ナイロビの蜂』・試写会 | トップページ | 『ゲロッパ!』・テレビ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
たくさんのTBありがとうございます♪
こちらからも。。。と思ったのですがうまく貼れなくて・・・
また今度チャレンジしてみます!

この本、私も読みました~。
涙・なみだ・ナミダ~でした。
なんでこんなに泣く??って位でそんな姿を見ていた旦那さまはもちろん、自分でも驚いてしまったほどです。

ドラマ、どんなんでしょうかねぇ?
ちと楽しみです♪

そいでは!必ずやまた遊びに来ますね!

投稿: きらら | 2006年5月 7日 (日) 22時15分

きららさん>泣けましたねぇ~。
きっときららさんもお母さんが好きなんですよ!
だから涙が出てきちゃうんですよ。
ドラマホント楽しみです!

投稿: しましま | 2006年5月 7日 (日) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13171/1502618

この記事へのトラックバック一覧です: 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』・本:

» 東京タワー オカンとボクと,時々,オトン [Akira's VOICE]
リリー・フランキー 著 [続きを読む]

受信: 2006年5月 1日 (月) 15時31分

» 東京タワー~オカンとバンプとちょっとジェネジャン(?!)~ [ペパーミントの魔術師]
やっと読みましたよ、リリーフランキーさんの「東京タワー」。 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~リリー・フランキー 関連商品 増量・誰も知らない名言集 女子の生きざま 流星ワゴン ボロボロになった人へ 小さなスナックby G-Tools で。 泣いちゃいましたね~。 ..... [続きを読む]

受信: 2006年5月 8日 (月) 12時01分

» 映画化については、ひとつ条件あり《東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜》 [アロハ坊主の日がな一日]
小説[ 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 ]@吉祥寺でサイン会。 先週の日曜日、リリーフランキーさんのサインに行ってきた。 30男で、リリーさんにサインをお願いするなんてボクだけだろうと思いきや、 本当にボクだけだった。ちょっとこっぱずかしかった。 普段なら、待ってまでサインを欲しいとは思わないが今回だけは行ってしまった。「ぎんなん坊主」のイラストが欲しかったのと、ひとつぜひ聞きたかったことがあったからだ。 これが「ぎんなん坊主」。 ... [続きを読む]

受信: 2006年5月15日 (月) 23時50分

» 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ [AML Amazon Link]
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ [続きを読む]

受信: 2006年5月28日 (日) 18時44分

» 東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~ 著者:リリー・フランキー [読むなび!(裏)]
≪採点(読むなび!参照)≫ 合計:60点 http://koroxkoro.web.fc2.com/ ≪梗概≫ 母親とは?家族とは?普遍的なテーマを熱くリアルに語る著者初の長編小説。読みやすさ、ユーモア、強烈な感動! 同時代の我らが天才リ... [続きを読む]

受信: 2006年7月29日 (土) 22時37分

» リリー・フランキー【東京タワー オカンとボクと、時々オトン】 [ぱんどら日記]
たまに東北新幹線に乗って東京へ行くと、電車の窓から見える広告の多さに驚く。ビルの窓に貼りつけられた文字、壁の看板、屋上のネオンサイン。車内に目を転じれば中吊り広告。電車を降りれば駅構内のいたるところにポスター。「ご... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 15時18分

» 東京タワーか通天閣か [好き好き大好き!]
Q: 東京タワーですか?通天閣ですか? A: 相当ネタに困ってるようですね(笑) Q: 時事ネタってことで(苦笑) [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 14時58分

» リリー・フランキー【東京タワー オカンとボクと、時々オトン】 [ぱんどら日記]
たまに東北新幹線に乗って東京へ行くと、電車の窓から見える広告の多さに驚く。ビルの窓に貼りつけられた文字、壁の看板、屋上のネオンサイン。車内に目を転じれば中吊り広告。電車を降りれば駅構内のいたるところにポスター。「ご... [続きを読む]

受信: 2006年11月22日 (水) 11時05分

» 『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン』 リリー・フランキー [*モナミ*]
笑って笑って、そして泣いた。 本を読んで、声出して泣いたのなんて、 久しぶりなくらいに、泣いた。 読み終わって本を閉じてもしばらく、 「うえーん」って泣いてたもん。 前半は、面白くておかしくて。 会社でお昼休みに読んでて、 笑いを堪えるのが大変なくらい。 また、よく知ってる場所が出てくるから、 親近感も手伝って、リアルにおかしくっておかしくって。 面白い話かよーと思ってたら... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 11時19分

« 『ナイロビの蜂』・試写会 | トップページ | 『ゲロッパ!』・テレビ »