« 『ポセイドン』・試写会 | トップページ | リニューアルしてた!SpaLaQua »

2006年5月21日 (日)

『手紙』・本

手紙 東野圭吾                   毎日新聞社 (2003年3月)
357ページ 

手紙

早くに両親を亡くした剛志と直貴の兄弟は貧しいながらもなんとか力を合わせて生活していた。しかし、兄・剛志が身体を壊し職を失う。これからの生活を考えて弟・直貴は高校卒業後に働くつもりでいたが剛志はどうしても直貴には大学を出てもらいたいと衝動的に強盗に入ることを思いつく。ところが剛志は家主にみつかり思わず殺害、強盗殺人犯となってしまう。一人になってしまった直貴はさらに凶悪犯の兄を持つというレッテルまで貼られ…。

すごく可哀想だとは思うけれど、私もきっと差別しちゃうんだろうな…。

犯罪者はもちろん罪を犯したのだから罪を償わなければならないけれど

その家族は罪を犯したわけではないのにできれば関わりたくないと

世間から関係を絶たれ、排除されてしまう。

それは社会の人が危険なものから自分を守る自己防衛みたいなもの。

直貴の職場の社長さんはすごく分かりやすく差別を正当化した。

そして、残念ながら私もそれに共感してしまった。

人間は弱いものには厳しい。そんな悲しい現実を思い知らされた。

だから、直貴と由実子の精神的な強さが余計に羨ましく感じた。

私が小説を読もうと思うきっかけは大抵が

その小説が映画化されるとかドラマ化されるという情報を得たときだ。

『手紙』もやっぱりどこかで映画化されるというのを知って興味を持った。

でも読んでみて改めて配役を見てみると、…なんかイメージが違う

主役の直貴役に、同じ東野圭吾作品の『白夜行』に出演していた山田孝之

ヒロイン役に沢尻エリカが決定してるらしいけど…。

直貴は“女性から好まれる容姿と雰囲気を持っているらしい”ってところで
年齢の割に大人びた感じのもっと憂いのある綺麗なルックスをイメージしていたし

由実子は“不美人ではなかったが、積極的に話したいと思うほどの容姿の持ち主では
なかった”はずだから沢尻エリカじゃ可愛すぎる気がした。

さて、どんな風な映画になるのかしら。決して見終わってスッキリするタイプの

映画ではないだろうけど出来上がるのが待ち遠しい。

|

« 『ポセイドン』・試写会 | トップページ | リニューアルしてた!SpaLaQua »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13171/1880995

この記事へのトラックバック一覧です: 『手紙』・本:

» 小説 「手紙」 [*Sweet*Days ]
手紙 東野 圭吾 もうすぐ公開されます映画、『手紙』の前勉強として、原作である「手紙」を読みました。 基本的に原作を知らずして映画を見る派だったのですが、最近はそれを知った上での鑑賞もなかなか面白いものだと実感し、調度この映画が公開されるとあって読んでみました。 貧しい兄弟の切ないストーリー。そもそも彼らの背景自体が時代錯誤なぐらいで、思わず同情せずにおれないんですけどね。 犯罪を犯すことがどれだけ愛する者達の人生をも変えてしまうのか、それでも愛は揺るぎないものなのか、犯罪者... [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 22時13分

» 手紙 [Akira's VOICE]
東野圭吾 著 [続きを読む]

受信: 2006年11月14日 (火) 10時57分

» 本 『手紙』 東野圭吾著 [Cold in Summer]
◇ 本 『手紙』 東野圭吾著 またまた東野圭吾さん。古本屋さんで『殺人の門』と一緒に買っていたやつです。 手持ちの文庫本がなくなったので、また仕入れに行かなくては。 ◇あらすじ 「兄・剛志」は「弟・直貴」を大学に行かせようとして必死に....... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 17時38分

» 東野圭吾【手紙】 [ぱんどら日記]
山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカの出演で映画化された作品。 山田孝之はTBSが東野圭吾の【白夜行】をドラマ化したときも出演しており、めっきり東野圭吾づいている。本書を読みながら「なんか【白夜行】っぽい」と感じ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 11時02分

» 手紙 小説 [ケントのたそがれ劇場]
映画のレビューはこちら  映画を観て感動し、無性に原作を読みたくなったのだ。まさに映画会社と出版社の思う壺だが、それだけこの作品が素晴らしいのだろう。 手紙 著者:東野 圭吾販売元:文藝春秋Amazon.co.jpで詳細を確認する  映画も原作もストーリー... [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 20時43分

» 『手紙』 [Lemon Tea のマイブーム]
東野圭吾の「手紙」を読みました。 主人公の兄・剛志は、弟・直貴を大学に入れてやりたい という一心から、殺人を犯してしまう。 強盗殺人の罪で服役中の兄から弟のもとに、月に一度、手紙が届く…。 しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに...... [続きを読む]

受信: 2007年1月18日 (木) 01時41分

« 『ポセイドン』・試写会 | トップページ | リニューアルしてた!SpaLaQua »