« 『盾 シールド SHIELD』・本 | トップページ | 『笑の大学』・レンタル »

2006年6月 5日 (月)

『Dear フランキー』・レンタル

近くのTSUTAYAで6/2~6/4まで新作&準新作がレンタル半額

なっていたので2本借りてきた。まずは『Dear フランキー』を鑑賞。

《私のお気に入り度:★★★★☆

Dear フランキー

簡単なあらすじ

シングルマザーのリジーは耳に障害を持った息子フランキーと母親の3人で暮らしていた。フランキーの父親は船乗りをしており、世界中から息子に手紙をくれ、フランキーはそれをいつも楽しみにしていた。しかし、実はその手紙はリジーが父親になりすまして書いていたもので、船乗りというのも嘘だった。リジーは夫の暴力に耐え切れず幼いフランキーを連れて逃げ出していたのだった。そんなある日、フランキーたちの住む港町に父親の乗っているはずの船が入港することになり、困ったリジーは1日だけ見ず知らずの男性に父親役を依頼するのだが…。

しゃくりあげるほどではなかったけれど

じわーっと涙が止まらない映画だった。

私、フランキーが偽お父さんと初めて会ったときに

本物じゃないコトに気付いたのが分かっちゃたのよね…。

だから偽者なのにお父さんとして無邪気に接している姿に

泣けてきてしまった。

なんて健気な子なんだろう…!

ところで偽お父さん、最後まで謎な人だったなぁ。

そして最後のフランキーの手紙はママに宛てた手紙だったのだろうか?

それともこの謎の偽お父さんに宛てたモノだったんだろうか?

その辺がちょっと分からなかった…。

|

« 『盾 シールド SHIELD』・本 | トップページ | 『笑の大学』・レンタル »

「シネマ鑑賞作品」カテゴリの記事

「レンタルでシネマ」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>本物じゃないコトに気付いたのが分かっちゃたのよね…。

わかっちゃったですか?
僕はラストの手紙みてから「いつからわかってたのかなぁ」とおもったクチでしたので...。

僕はフランキーだけでなく、母親、ストレンジャー(偽お父さん)3様の視点でみても過不足ないところが高評価です!

TBをいっぱいいただいたようなのでまとめて返させていただきました。
記事は全部読ませていただきましたが、コメントはコチラのみでしつれいいたします♪

リンクフリーということで勝手にリンクさせていただきました^^;
今後TB,コメントさせていただきます!
またよろしくお願いします。

投稿: motti | 2006年7月 3日 (月) 13時05分

mottiさん>私は偽お父さんは最後までどんな人だったのか分からなかったのですが
お母さんにもそういえば感情移入していました。
ジーンといい映画でした。

投稿: しましま | 2006年7月 8日 (土) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13171/1160730

この記事へのトラックバック一覧です: 『Dear フランキー』・レンタル:

» Dear フランキー [ネタバレ映画館]
 実は、リッキーは頭の良い子だった。そう考えると全ての謎が解ける。銀の星が一つだけだったのも、頭の悪いフリをしているだけだったのかもしれない。 [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 22時58分

» Dear フランキー [〜映画とはずがたり〜]
エエ話やわぁ〜! すごく評判の高い作品だったので、 ぜひ観たいっ!と思ってたんだけど、 こんなに内容の濃い、感動的な作品だとはっ!(涙) 『オペラ座の怪人』のファントム様♪こと、 ジェラルド・バトラー出演の最新作DVD ということもあり、話題性も充分!....... [続きを読む]

受信: 2006年6月 6日 (火) 01時02分

» 「Dear フランキー」 [fab fun (旧・るるる的雑記帳)]
「Dear フランキー」を観ました。 [続きを読む]

受信: 2006年6月 6日 (火) 19時13分

» [ Dearフランキー ]愛と再生の映画どす [アロハ坊主の日がな一日]
[ Dearフランキー ]@渋谷で鑑賞。 この映画[ Dearフランキー ]も泣いちゃったよ。 耳に障害のある息子のフランキーと母リジー、そして毒舌家の 祖母ネルはスコットランド中を転々としている。なぜなら暴力 を振るう夫から逃げ回っているからなのだ。しかし、リジーは 息子フランキーには父は船乗りで世界中を旅しているのだと教 え、月に二度父親の振りをして手紙を出している。フランキー も熱心に返事を書くのだった。フランキーが書いた手紙はいつ も郵便局の私書箱に送られる。 ... [続きを読む]

受信: 2006年6月10日 (土) 08時23分

» Dear フランキー!! -勝手にDVD- [新潟Blog!!]
 Dear フランキー!! イギリス映画  新潟のうまいもんで、良くマイナーな物を記事にするからって、  映画までマイナーを見なくてもいいのですが、  結局観てしまいました。  とてもマイナーなんですが、  泣ける、感動する、考えさせられる。  すばらしい..... [続きを読む]

受信: 2006年6月11日 (日) 00時40分

» 『Dear フランキー』 [*Sweet Days*  ~movie,music etc...~]
Dear フランキー CAST:ジェラルド・バトラー、エミリー・モーティマー 9歳のフランキーは難聴で声も出さない。そんな彼の家族は母リジーと祖母で、3人は訳あって引っ越しを繰り返していた。フランキーは顔も覚えていない父親と、手紙のやり取りをしていた。世界中を航海している父親・・・しかしその手紙は、リジーが想像で書いていた物だった・・・・ いやぁ~泣かされました、泣きました。 参ったなぁ・・・子供がうちのと同い年なんだもん・・・・グサグサ来ましたよ・・・・ 映画見て号泣した... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 21時46分

» 『Dear フランキー』 [京の昼寝〜♪]
パパからの手紙だけが、僕の心の支えだった。  ■ショーナ・オーバック■キャスト エミリー・モーティマー、ジャック・マケルホーン、ジェラルド・バトラー□オフィシャルサイト  http://www.wisepolicy.com/dear_frankie/おススメ度 ⇒★★★☆ (5★満点、☆は0.5) cyazの満足度⇒★★★★  耳に障害を持つひとり息子に、   世界中を船で旅する架空の父を装い、    ... [続きを読む]

受信: 2006年6月19日 (月) 22時48分

» Dear フランキー [ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!]
夫の暴力から逃れて暮らす母子の絆を描いた感動作。 家族の秘密を知らず、会えない父に想いを募らせる息子を悲しませたくないばかりに嘘の話を語って聞かせていた母親が、そんな家族の運命を見つめ直していく姿を優しい眼差し... [続きを読む]

受信: 2006年7月 3日 (月) 12時17分

» 映画『Dear フランキー』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Dear Frankie ドメスティック・バイオレンス、引き裂かれた家族に再び笑顔は戻るのか、まだ見ぬ父を思う息子、思いやる母、そして祖母、辛く切なく暖かい物語・・ フランキー(ジャック・マケルホーン)は、幼くして父の暴力により難聴となり、母リジー(エミリー・モーテ... [続きを読む]

受信: 2006年7月29日 (土) 10時45分

» Dear フランキー [Diarydiary! ]
《Dear フランキー》 2004年 イギリス映画 - 原題 - DEAR F [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 21時20分

« 『盾 シールド SHIELD』・本 | トップページ | 『笑の大学』・レンタル »