« 『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』・劇場 | トップページ | 『僕の、世界の中心は、君だ。』・試写会 »

2006年8月13日 (日)

『ただ、君を愛してる』・試写会

今日はGTFトーキョーシネマショーで『ただ、君を愛してるを観た。

《私のお気に入り度:★★★★★

ただ、君を愛してる スタンダード・エディション

私、ますます宮崎あおいが好きになりました!よかった!

クライマックスかなり泣いたよ鼻ズルズルだったよ!

原作の『恋愛冩眞―もうひとつの物語』は読んだ時に号泣で

その後観た映画『恋愛冩眞』はあまりに本と違う内容にガッカリした。

そんなワケで小説の内容の映画が観たいと思っていたので

今作はGTFトウキョーシネマショー2006の中でも一番楽しみにしていた作品。

今日が初お披露目だったらしい。

宮崎あおいが静流のイメージにぴったりで可愛かったぁ!

静流から出る台詞がどれもすごく”オリジナル”で一途なのが印象的。

声を出して笑えるシーンもあったのに、ラストでは一気に涙が溢れ出した

でも、やっぱり原作の方がよかったかな。映画は映画でよかったんだけど

例えば、静流の黒いドレスを着て撮った大きなセルフポートレートは

原作を呼んでいるか、ものすごく勘が鋭くないと

どうして横向きの姿を写真に収めたのか分からないと思うんだよね。

少なくとも私だったら勘だけでは絶対に分からないから

ただのセルフポートレートとしてスルーしちゃっていたと思う。

そういう細かいところは是非原作を読んで確認してほしいんだけど

順番は映画を観てから原作を読むのがいいと思う。

ラストが泣けるのよ!だからラストの展開を知らずに映画を観てほしいと思った。

|

« 『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』・劇場 | トップページ | 『僕の、世界の中心は、君だ。』・試写会 »

「シネマ鑑賞作品」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「試写会でシネマ」カテゴリの記事

コメント

試写会早いですね~。
うちもはやく見たいです。

(これでNANA蹴ったのかなとか邪推もしつつ・・・爆)

小説の方は読みました。すごくロマンチック。
なんていうか、文章表現がとても気に入ったせいか
2時間くらいで読んじゃいました。

ただ、そのオチってどうよ。
どこまでもありえない話だなと。
あまりにファンタジーな恋愛モノだったので、
幾分納得のいかない展開だったんですが
・・・写真になった彼女が見たいですね。
予告編の映像だけでもうっとりしてて
待ち遠しいです。

投稿: Ageha | 2006年9月20日 (水) 16時43分

Agehaさん>原作を読んでいらっしゃるのなら
ラストを知っているのできっと泣けますよ!
ファンタジーなんだということを心に留めて観に行って下さいね(笑)。
宮崎あおいが本当に成長しているようで
どんどん可愛く綺麗になっていきました。うっとりです。お勧めです!

投稿: しましま | 2006年9月22日 (金) 16時52分

しましまさんはじめまして。突然のコメントでごめんなさい。

nanakaといいます。

「ただ、君を〜」で検索していたらここにきました。もう一度、
映画の上映を希望してみませんか?

もし、お力を貸していただけるなら、「ただ、君を愛してる」の
公式BBSに書きこんで下さいー。
http://www.aishiteru.jp/cgi-bin/bbs/index.cgi

よろしくお願いします。

投稿: nanaka | 2007年10月 4日 (木) 02時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13171/3050006

この記事へのトラックバック一覧です: 『ただ、君を愛してる』・試写会:

» 「ただ、君を愛してる」試写会 [ミチミチ]
「ただ、君を愛してる」 監督 新城毅彦 原作 市川拓司 CAST 玉木宏、宮粼あおい、黒木メイサ・・・story 写真が趣味の誠。彼にはコンプレックスがあった。だから人見知り。大学の入学式の日、どこか幼く、どこか個性的な静流(しずる)に出会う・・・二人は・・・ ...... [続きを読む]

受信: 2006年8月18日 (金) 15時41分

» ただ、君を愛してる [メルブロ]
ただ、君を愛してる上映時間 1時間56分 監督 新城毅彦 出演 玉木宏 宮粼あおい 黒木メイサ 評価 6点(10点満点)  ●宮崎あおいインタビュー  原作者は小説・映画・ドラマにと社会現象になった「いま、会いにゆきます」の市川拓司・若い女性から圧倒的な支....... [続きを読む]

受信: 2006年8月19日 (土) 14時47分

» 感想/ただ、君を愛してる(試写) [APRIL FOOLS]
10.28邦画決戦! エントリー#1『ただ、君を愛してる』10月28日公開!!  映画『ただ、君を愛してる』公式サイト 私的ベスト恋愛小説『恋愛冩眞 もうひとつの物語』の映画化(もろもろ経緯はコチラ参照)。ストーリーはやっぱりいいんだけどキャストの力不足で映画としてはもうひとつ……。不器用男子・誠人が大学で出会った不思議ちゃん女子・静流。コンプレックスを抱える2人は互いに一番の理解者となり、ようやく結ばれたと思ったとき、不意に静流は姿を消す。そして…、なファンタジック恋物語。原作は超泣けます... [続きを読む]

受信: 2006年9月29日 (金) 02時36分

» ただ、君を愛してる [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:新城毅彦 キャスト:玉木宏 、宮崎あおい       黒木メイサ 、小出恵介       上原美佐 、青木崇高 、他 ■ストーリー■  12月のニューヨーク。 誠人(玉木宏)は静... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 07時42分

» 「ただ、君を愛してる」試写会レビュー 二人の笑顔、恋愛写真。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
これは期待以下じゃないか、と一時不安にはなったが、しっかり泣かせてくれた。やはり、てれすどん2号の観たかった映画、てれすどん2号の好きな映画「ただ、君を愛してる」。何回も観ろ!とはあえて言いません。試写会もまだ催されるらしいすし、しっかり一回、劇場でご覧いただきたいと思いますm(_ _)m... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 02時29分

» 二人だけの場所、恋人時間。~「ただ、君を愛してる」~ [ペパーミントの魔術師]
11:20.千日前国際シネマにて。 あ、そうそう パンフレット買ったら、 本来前売り券の購入でもらえるはずのこの2枚の写真いり ミニアルバム、いっしょにくれましたっ。ラッキー♪ 原作はすでに読んでてオチはわかってたんですが、 それでも十分胸キュンでした。 ち..... [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 00時49分

» 近づきたかったのは、心の距離。『ただ、君を愛してる』 [水曜日のシネマ日記]
2003年6月に公開された映画「恋愛寫眞」のアナザー・ストーリーとして描かれた市川拓司の小説「恋愛寫眞 もうひとつの物語」を映画化した作品。 写真家になった男性の大学時代の青春を描いた映画です。 [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 07時25分

» 『ただ、君を愛してる』 [アンディの日記 シネマ版]
笑い度[:ラッキー:]        2006/10/28公開  (公式サイト) 切なさ[:ショック:][:ショック:][:ショック:][:ショック:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】新城毅彦 【脚本】坂東賢治 【原作】『恋愛寫眞(れんあいしゃしん) もうひとつの物語』(小学館刊) 【主題歌】大塚愛 『恋愛写真』 【出演】 玉木宏/宮崎あおい/黒木メイサ/小出恵介... [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 18時17分

» ただ,君を愛してる [Akira's VOICE]
主演の二人の好演だけが魅力の映画。 [続きを読む]

受信: 2006年11月 2日 (木) 14時37分

» ただ、君を愛してる [欧風]
28、29日、イオン下田TOHOシネタウンでの映画ハシゴ観、1本目「虹の女神」、2本目 [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 09時29分

» 『ただ、君を愛してる』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『ただ、君を愛してる』鑑賞レビュー! 2003年に公開した 『恋愛寫眞 Collage of Our Life』の アナザーストーリー "もうひとつの物語" 公開日::::2006年10月28日 全国東映系にて公開 制作::::2006/日本/カラー 上映時間::::116min(1時間56分) 配給:東映 _/_/_/_/ ストーリー_/_/_/_/ 大学の同級生で 写真撮影を通して距離を縮めていった 誠人(まこと)と静流(... [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 12時16分

» 映画「ただ、君を愛してる -HEAVENLY FOREST-」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
男にも女にも子供にも、逆さまのテルテル坊主にさえも、泣かされた「いま、会いにゆきます」・・そして「恋愛写真 もうひとつの物語」が、ここに始まる・・ 誠人(玉木宏)と静流(宮崎あおい)の最初の出会いは、大学の入学式の日・・人ごみにコンプレックスのある誠人が大学の周... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 16時23分

» 『ただ、君を愛してる』 [京の昼寝〜♪]
生涯ただ一度のキス ただ一度の恋恋をすると、死んでしまう・・・。 ■監督 新城毅彦 ■脚本 坂東賢治■原作 市川拓司(「恋愛寫眞 もうひとつの物語」小学館刊)■キャスト 玉木宏、宮崎あおい、黒木メイサ、小出恵介 □オフィシャルサイト  『ただ、君を愛してる』  クリスマスで賑わうニューヨーク。 1通の手紙を手にニューヨークにたたずむ誠人(玉木宏)。 ニューヨークか... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 01時06分

» 『ただ、君を愛してる』 [唐揚げ大好き!]
    『ただ、君を愛してる』   あのキスの時、少しは愛はあったかな?  あったよ すこしどころじゃなかった   君は、僕の世界のすべてだった――   この映画を観た後、妄想頻度が高くなりました。 ちょっと気を抜くと里中静流を思い出しヘラッとしてしまいま... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 09時35分

» 【劇場鑑賞117】ただ、君を愛してる  HEVENLY FOREST [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
生涯ただ一度のキス ただ一度の恋 『ねぇ、誠人。あのキスのとき、少しは、愛はあったかな・・・』 [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 18時05分

» ただ、君を愛してる [C'est Joli]
ただ、君を愛してる’06:日本 ◆監督:新城毅彦「レガッタ」「アルジャーノンに花束を」(共にTV)◆出演:玉木宏/宮崎あおい/黒木メイサ/小出恵介/上原美佐/青木崇高/大西麻恵 ◆STORY◆ストーリークリスマスのNY。誠人は、なにも言わず姿を消した大切な人・静流か...... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 21時07分

» ただ、君を愛してる [UkiUkiれいんぼーデイ]
恋をすると死ぬ病気・・・。 とっても切ないネ。。。 ボサボサの髪、眼鏡、化粧っ気もなし、地味めな服・・・って、あなた「本田だろ?」 ってこれは昨日観た『7月24日通りのクリスマス』の主人公・本田サユリでした。 こちらの主人公・里中静流(しずる)も、外見的にはそんな感じなんです。 大学で出会った瀬川誠人(まこと)と静流の友情。 それは静流にとって 「生涯ただ一度のキス、ただ一度の恋」だった。 玉木宏、良いよねぇ〜♪ この誠人って青年がね、また優... [続きを読む]

受信: 2006年11月14日 (火) 09時21分

» ただ、君を愛してる [シネクリシェ]
 いい映画だったのだろうと思います、おそらく……。  と実に歯切れの悪いもの言いですが、それもそのはず。宮崎あおいがうますぎるので、彼女が出 [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 08時39分

» ただ君を愛してる [勝弘ブログ]
http://www.aishiteru.jp/index.htmlいま会いにゆきますの市川拓司原作宮崎あおいさん、、すごいです。役者としてもそうですが何をやっても様になるというか「初恋」では自転車のパンクを直すシーンがよかったですし今回... [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 20時17分

» 「ただ、君を愛してる」見てきました。 [よしなしごと]
 あの感動作「いま、愛にゆきます」の市川拓司がおくる、「ただ、君を愛してる」を見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 17時37分

» ただ,君を愛してる [週末映画!]
期待値:87%  「いま、会いに行きます」の市川拓司原作、宮崎あおい、玉木宏共演。 直球恋愛映画です [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 00時28分

» ただ、君を愛してる [丼 BLOG]
(06年11月鑑賞) 「写真っていいよなー。恋っていいよなー。そして宮崎あおいさ... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 02時57分

» 「ただ、君を愛してる」 [Tokyo Sea Side]
キャストに惹かれて観に行って正解でした♪鈍感でちょっと無神経ともとれる言動や行動をする誠人…なのにとぼけたカンジがどこかかわいくて許せてしまうのは、玉木宏ならでは!個人的にはミスドのCMの玉木宏のイメージそのままなカンジです(笑)映像はキレイだし映画自体にも雰囲気があって、キャンパスライフなんかはどこか懐かしい。“写真”というツールの使い方やラストに出てくる鳥も絶妙で言うコトなしです! [:URL:] 『ただ、君を愛してる』... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 07時00分

« 『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』・劇場 | トップページ | 『僕の、世界の中心は、君だ。』・試写会 »