« 『スーパーマン2』・テレビ | トップページ | 『ワールド・トレード・センター』・試写会 »

2006年9月10日 (日)

『約三十の嘘』・レンタル

今年5回目のTSUTAYAの新作以外レンタル半額週間。

期間は、9/1~9/10まで。今回は3本借りてきた。

まず1本目は『約三十の嘘』を鑑賞。

《私のお気に入り度:★★☆☆☆

約三十の嘘 特別版

簡単なあらすじ

かつて、ある仲間の裏切りによって解散してしまった詐欺師チームがメンバーを改め3年ぶりに再結成した。それぞれ過去の事件を引きずりつつもまずは一つ目の仕事を終え、7000万円を稼ぎ出す。次の目的地に向かう列車の中、お金を入れたトランクを管理する者とトランクを開けるカギを管理する者を決め、それぞれが責任を持って保管することに。しかし、翌朝トランクを管理していた横山の元からトランクが消え、再び仲間の中の誰かが裏切り者に…。

なんかイヤね~。誰も信じられなくなっちゃうよ。

しかも仲間内で騙したり騙されたり。詐欺師って寂しい…。

でも、映画はそこそこ面白かった。

途中まで犯人が分からないからみんな怪しくて

さすが詐欺師なだけあって表情が全く読めない。

ただね、ちょっと地味だったのよね~。

夜中に眠りそうになりながら観ちゃったからかな。

なんか心揺さぶられるスリリングさがなかった。

誰が犯人なんだろうとは思っていてもあまり驚きがない。

舞台っぽい設定が地味に感じたのかな。

って思ったら、これ舞台が元になった作品だったんだ。なんだ納得。

|

« 『スーパーマン2』・テレビ | トップページ | 『ワールド・トレード・センター』・試写会 »

「シネマ鑑賞作品」カテゴリの記事

「レンタルでシネマ」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13171/3391625

この記事へのトラックバック一覧です: 『約三十の嘘』・レンタル:

» 約三十の嘘 [とにかく、映画好きなもので。]
   線路を進む、寝台列車。  この列車に乗っているのは、ある詐欺計画を成功させて、資金を得た男女の6人。  このプロジェクトのチーフで皆に声をかけた男、久津内(田辺誠一)、若手の腕の立つ詐欺師・佐々木(妻夫木聡)、かつて大金を物ともせ....... [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 03時21分

« 『スーパーマン2』・テレビ | トップページ | 『ワールド・トレード・センター』・試写会 »