« 『トリスタンとイゾルデ』・試写会 | トップページ | 『明日へのチケット』・試写会 »

2006年10月 4日 (水)

『時をかける少女』・劇場

今日は『時をかける少女』を観てきた。

《私のお気に入り度:★★★★★

時をかける少女 通常版

7月15日(土)に公開されてからまもなく3ヶ月になるのに

まだ公開中のこの作品。あまりに評判がいいので観てきた。

340席の劇場は3分の1くらいは埋まってたかな。

確かに面白かったわ!勝手な偏見で原田知世主演の映画や

内田有紀主演のドラマをちゃんと観ていないのにもかかわらず

『時をかける少女』はなんとなく暗いイメージがあった。

でも、今作の主役・真琴は感情表現が豊かですごく明るく元気!

ひたすら走るシーンなんか、その息づかいで

観ているこっちが過呼吸になるかと思った。

タイムリープする時も体中がアザだらけになるんじゃないかと心配になるほど

毎回ぐるぐる転げまくる。しかもその能力をフル活用して

めいっぱい楽しんでいた!友達だと思っていた男の子を急に意識し出して

目が合わせられなかったり、避けてしまったりする姿も可愛い!

すごく愛すべきキャラ!随分イメージが違うなぁと思ったら

これまでの『時をかける少女』とは設定が違って真琴は

以前の主役・芳山和子の姪だったのね。何も知らずに観に行ってしまった…。

どうりで和子はタイムリープに詳しいワケだ。知らずに観たものの

和子の言葉ひとつひとつが何か秘めたものを感じさせた。

それが原作と関係がありそうだと分かった今、原作が読みたくなった!

|

« 『トリスタンとイゾルデ』・試写会 | トップページ | 『明日へのチケット』・試写会 »

「シネマ鑑賞作品」カテゴリの記事

「劇場でシネマ」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちはしましまさん。
TBありがとう。
このアニメなかなか良く出来ていましたよね。
ひょっとして原作より良いかも・・・

投稿: ケント | 2006年10月 7日 (土) 22時12分

ケントさん>最初から最後までしっかり楽しめました!
主人公が明るく元気だと私はとても映画に入り込みやすいので
特に楽しめたんじゃないかと思います。
原作よりいいですか?
確かめるためにも原作読んでみたくなりました!

投稿: しましま | 2006年10月10日 (火) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13171/3638635

この記事へのトラックバック一覧です: 『時をかける少女』・劇場:

» 時をかける少女 [欧風]
土曜、八戸フォーラムでの3本ハシゴ鑑賞ですが、1本目の「フラガール」で泣きまくってしまったために、顔を洗って出直し、2本目に観たのが、この「時をかける少女」。 時をかける少女といえば、やはり原田知世でしょうか。超有名ですよね。時をかけない原田知世なんて、クリープを入れないブレンディみたいなもんです(注:この映画で原田知世はブレンディ入れてた)。その後も何回も映画化やドラマ化をされたような。ちょっと前に「なっち」こと安倍なつみがドラマでやってませんでした? 原田知世の映画はテレビでやったと... [続きを読む]

受信: 2006年10月 5日 (木) 22時40分

» 未来で待ってる。~「時をかける少女」~ [ペパーミントの魔術師]
まずは公式サイトへ。 http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/ それから TBに来てくださった「海からはじまる」さんとこのレビューが かなり詳しいですので、ご参考に。 ・・・ピョ~~ンって飛んでゴロゴロゴロゴロ。 大概はどっかにぶつかり、さらにはモノがふってくるが、..... [続きを読む]

受信: 2006年10月 6日 (金) 14時19分

» 『時をかける少女』 [映画館で観ましょ♪]
むかしむかし、ずーっと昔。 すっかり子供の頃に、NHKでやっていたドラマがコレでした。 (深まった年がバレますが…) 毎日だったのか週一だったのかは忘れたけれど 確か夕方の6時頃、すごく真剣に、要するにハマッ... [続きを読む]

受信: 2006年10月 7日 (土) 18時02分

» 時をかける少女 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★☆  かなり昔に筒井康隆の原作と、原田知世の映画を観たが、女子高生がタイムスリップするということ以外は、綺麗さっぱり忘れてしまったようだ。原作の発表が1967年頃だから、もちろんケータイなんてないし、女子高生もあんな超ミ二スカをはいているわけがない... [続きを読む]

受信: 2006年10月 7日 (土) 22時10分

» 「時をかける少女(2006)」 大人になることを自覚して初めて子供は大人になる [はらやんの映画徒然草]
今までも何度も映像化されている「時をかける少女」です。 この夏は大作のアニメーシ [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 19時48分

» 劇場版アニメ「時をかける少女」 [わかりやすさとストーリー ]
●いい意味で敷居が低い、物語づくりにおけるビックキーワードをしっかり練り込んだ「走れ真琴」の良質アニメーション作品●これなら評判がいいのもごもっともだ。 [続きを読む]

受信: 2006年10月17日 (火) 16時07分

» 変わらないもの [ayaxgogo]
アニメ「時をかける少女」の情報収集してはいろいろ考えてみているのだけれども、原作にあるという※未読「記憶をなくす代わりに別人として再会できる」(つまり記憶が残ってたら再会できない)というルールがアニメ版でも有効とするならばどう都合よく解釈しようとしても...... [続きを読む]

受信: 2006年10月24日 (火) 07時23分

» 時をかける少女 [C'est Joli]
時をかける少女’06;日本 ◆原作:筒井康隆◆監督;細田守『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』◆主題歌:奥華子◆声の出演:仲里依紗 石田卓也 板倉光隆 谷村美月 垣内彩未 関戸優希 原沙知絵◆Story紺野真琴17才。2006年....... [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 22時41分

» やっと「時をかける少女」見てきました [よしなしごと]
 最近昔の映画やドラマのリメイクや新シリーズが多いですよね。スケバン刑事、セーラー服と機関銃など。そう言えば時をかける少女も曲はよく聴くけど、ストーリー知らないと思い、見に行く事にしました。と言うわけで今回は時をかける少女です。... [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 03時12分

» SFの古典を上手く現代風(?)にアレンジしてた「時をかける少女」 [jizo.net]
時をかける少女  これ前々から観に行きたかったんだよね。  で、何だかんだと行けずじまいで気づいたら、もう終映間近の滑り込み状態!  なんとか間に合ったけど・・・ふぅ。  とりあえず佳作だね。  この映画。  多分「時かけ」を初めて観る高校生なんかは「感動!かんどー!チョーカンドー!」なんだと思うけど、悲しいかな「かつての原田知世ファン、今はただの37のオッサン」にしてみると「ああ、懐かしい。こういう青春時代もあったんだね」って感想で終わってしまう部分がある(^^;)。  まあでもそういうのを差し引... [続きを読む]

受信: 2006年11月16日 (木) 03時42分

» 映画:時をかける少女 [駒吉の日記]
時をかける少女@渋谷Q-AXシネマ(2006/11/01) 「Time waits for no one」 セーラー服と機関銃といえば薬師丸ひろ子、時をかける少女といえば原田知世・・・というとお里が知れる、ではなくお年がバレる・笑 なかなか観る機会がなかった、やったらめったら評判のよい作品... [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 14時35分

» アカルイミライ@時をかける少女 [憔悴報告]
回転し、またはジャンプし、タイプリープする(過去に戻る)。 その理由は、これといってない。 いや、ないことはない。 だが、それらは理由というよりは「その場の思いつき」程度のものであり、彼女はいつだって後先考えずに時空間を飛び越える。 [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 17時05分

» 時をかける少女 アニメ2006年 [勝弘ブログ]
http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/予告動画シネプレックス幸手で鑑賞結論から書けばすばらしいの一言!主人公が時間を戻ることで出来事が変わっていく様子がおもしろく最後にはちゃんとストーリーがまとまってきれいに終... [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 22時11分

» アニメ:時をかける少女(★★★★★) [新・ぴゅあの部屋]
「時をかける少女」06年(★★★★★) 昔、アイドルの映画で、こんなのがあったような? と思ったら、1983年、原田知世のでしたね。 ふとしたことから、 時を越える能力、タイムリープを持った少女、真琴。 ドジで、活発で、愛嬌があって、好感が持てる...... [続きを読む]

受信: 2007年7月31日 (火) 00時14分

« 『トリスタンとイゾルデ』・試写会 | トップページ | 『明日へのチケット』・試写会 »