« 『それでもボクはやってない』・試写会 | トップページ | 『敬愛なるベートーヴェン』・劇場 »

2006年12月22日 (金)

『アジアンタムブルー』・劇場

今日は『アジアンタムブルー』を観てきた。

《私のお気に入り度:★☆☆☆☆

アジアンタムブルー

綺麗なラブストーリーだわ。でも綺麗過ぎて私好みではなかった…。

今日は観に行った劇場での上映が最終日だったのだけれど

232席の座席は4割くらい埋まっていた。結構お客さん入ってる…。

始めの方は松下奈緒演じる葉子の撮る写真は趣きがあったし

緩い感じの雰囲気がなんだか心地がいいなぁとも思ったの。

でも、葉子の病気が明らかになってニースに行こうとする辺りから様子がおかしい。

一番盛り上がるはずのところで私はすごく覚めた目で観ている。

胃の癌になって余命一ヶ月の人が残りの人生をあんなに安らかに過ごせるのかしら?

一度おかしいと思うともう二度と世界に入るコトができなくなって

結局最後は睡魔との戦いだった…。一応1回も落ちずに観たんだけど。

だから観終わった後に搾りたてのフレッシュオレンジジュースがすごく印象に残って

帰りのコンビニで思わず果汁100%のオレンジジュースを買ってしまった。

|

« 『それでもボクはやってない』・試写会 | トップページ | 『敬愛なるベートーヴェン』・劇場 »

「シネマ鑑賞作品」カテゴリの記事

「劇場でシネマ」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13171/4654393

この記事へのトラックバック一覧です: 『アジアンタムブルー』・劇場:

» 映画「アジアンタムブルー adiantum blue」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
アジアンタムが下のほうから枯れ始めると、もう手が付けられない、黙って枯れていく姿を見ているしかない。でも奇跡の復活を果たす最強のアジアンタム・・ そんなアジアンタムが稀に存在するという。そしてそんなアジアンタムは二度と枯れることがないという。アジアンタム... [続きを読む]

受信: 2007年1月 1日 (月) 17時54分

« 『それでもボクはやってない』・試写会 | トップページ | 『敬愛なるベートーヴェン』・劇場 »