« 『敬愛なるベートーヴェン』・劇場 | トップページ | 『ピノッキオ』・テレビ »

2006年12月25日 (月)

『エバー・アフター』・テレビ

今日、20:00~東京MXテレビで『エバー・アフター』(吹替版)がやっていた。

《私のお気に入り度:★★★★★

エバー・アフター

簡単なあらすじ

フランスの、とあるお城に住む御婦人に招かれたグリム兄弟。彼らが招かれた理由は、集めている童話の中の一つ、灰かぶり姫(シンデレラ)についてだった。諸説ある灰かぶり姫の話には実在する人物がモデルになっているという。その女の子の名はダニエル。御婦人の口から本物のシンデレラ物語が語られ始めた…。

童話『シンデレラ』の物語をアレンジしたラブ・ロマンスというが

ほぼ『シンデレラ』。悪い継母と姉妹に王子様。そして最後はハッピーエンド。

小さい頃に好きだったお話だから、結末まで完璧に分かっているのに

やっぱり意地悪されたり、王子様と結ばれたりするところはしっかり涙が流れた

ダニエルを演じるドリュー・バリモアすごくキュート!

今まで彼女にそんなに魅力を感じたコトはなかったのだけれど

今回はすごくキュンとしてしまった!素朴さが返って役にハマっていた。

そうそう、義理の姉2人のうち、下の姉は今回イイ人。

ダニエルにも優しく接していて好印象だった。何より、継母と姉とは

ちゃんと血がつながっているのに、少しくらい容姿が劣るからって

意外と扱われ方がヒドイ。多分今回一番可哀想だった登場人物だと思う。

でも、その性格の良さがやっぱり最後には報われるのよね。ホッとした。

|

« 『敬愛なるベートーヴェン』・劇場 | トップページ | 『ピノッキオ』・テレビ »

「シネマ鑑賞作品」カテゴリの記事

「テレビでシネマ」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私も「エバー・アフター」観ましたupupup
すごく良い作品だったので思わず購入しました(笑)

配役も最高でしたsign03主人公・ダニエル役は、「ET」で天才子役と言われたドリュー・バリモア。継母・ロドミラ役には、「アダムスファミリー」で有名なアンジェリカ・ヒューストン。貴婦人(陛下)役はジャンヌ・モローですからね

一番良かったのは、やはりラストシーンと、義理の妹・ジャクリーヌ(ン)の存在ですね。彼女もある意味シンデレラ(^_^;)
でも最後は二人ともお城に入って、いつまでも幸せに暮らしました…だったので本当に良かったですnote

投稿: フランダー | 2008年12月12日 (金) 04時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13171/4673982

この記事へのトラックバック一覧です: 『エバー・アフター』・テレビ:

» エバー・アフター [BLACK&WHITE]
【Ever After】1998年/アメリカ 監督:アンディ・テナント  出演:ドリュー・バリモア、アンジェリカ・ヒューストン、ダグレイ・スコット、ジャンヌ・モロー 魔法使いのおばあさんもかぼちゃの馬車もガラスの靴... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 00時12分

» 幸せは自力で・・?~エバーアフター~ [ペパーミントの魔術師]
本当のシンデレラの物語はディズニーが描くようなもんじゃなくて 「本当は怖いグリム童話」なんてのが何年か前に流行った時にけっこうショック だったんですが、これもまた新解釈の現代版シンデレラです。 (知ってます?ガラスの靴を履こうとして、義理の姉は自分で足を血だ..... [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 12時11分

» エバー・アフター [1-kakaku.com]
フランスの女王がグリム兄弟を城に呼び、「シンデレラ」の物語の真実を語らせる。それによるとダニエルという少女は父の死後、義母に下働きをさせられていた。そのダニエルが王子と運命的な出会いをする…。 誰もが知っているシンデレラの物語を、現代風な解釈で描いた作品。監督は後に『アンナと王様』を手がけたアンディ・テナント。主人公ダニエルに扮したドリュー・バリモアとは、『プワゾンの香り』ですでに組んでいる。義母をアンジェリカ・ヒューストン、女王をジャンヌ・モローと名優で固め、王子ヘンリーに起用さ... [続きを読む]

受信: 2007年1月16日 (火) 08時13分

» エバー・アフター [映画を観よう]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン エバー・アフター Ever After アメリカ 1998年 ドリュー・バリモア、アンジェリカ・ヒューストン、ダグレイ・スコット 監督:アンディ・テナント 『アンナと王様』『メラニーは行く』 脚本:スザ... [続きを読む]

受信: 2007年2月14日 (水) 08時45分

« 『敬愛なるベートーヴェン』・劇場 | トップページ | 『ピノッキオ』・テレビ »