« 『アジアンタムブルー』・劇場 | トップページ | 『エバー・アフター』・テレビ »

2006年12月24日 (日)

『敬愛なるベートーヴェン』・劇場

Photo_80今日は『敬愛なるベートーヴェン』を観てきた。

《私のお気に入り度:★★★☆☆

クリスマスイブだからなのか休日だからなのか

劇場が混んでいて、133席の座席は満席だった。

でも、うーん、思っていたモノと違った…。

もっと曲を作る過程の苦悩が描かれているモノかと思っていたのに、意外と淡白。

ベートーヴェンも気難しくて扱いにくい人だと思いきや、意外と親しみやすそうな感じ。

最近、同じように作曲家のモーツァルトを題材にした『アマデウス』

観たばかりだったから、余計に落差を感じてガッカリしてしまった。

華やかさもストーリーの内容も人物の描き方も物足りない…。

何よりもベートーヴェンが臭そうに見えて、あまり美しい映画ではなかった。

でも、第九の初演シーンは言葉にできない感動があった!

なんなんだろう?ワケもなく涙が溢れてきた。音楽に感動するってこういう事なの?

CDで聴くよりも、やっぱり実際に演奏しているのを観ながら聴くのはいい!

第九を集中して聴いたのが初めてだったっていうのもあるだろうし

ダイアン・クルーガーの真剣な姿に心を打たれたのもあると思う。

ダイアン・クルーガーってなんて美しい人なんだろう。

『戦場のアリア』でも綺麗な人だと思っていたけど、また見惚れてしまった。

役では23歳だったけど、実際は1976年生まれの30歳なのね。

唯一この人の存在が映画に花を添えている感じだった。

「敬愛なるベートーヴェン」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

|

« 『アジアンタムブルー』・劇場 | トップページ | 『エバー・アフター』・テレビ »

「シネマ鑑賞作品」カテゴリの記事

「劇場でシネマ」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、今年もよろしくお願いいたします。
私は、2007年の最初の鑑賞作品になったのですが・・・良かったでした。あのシーンには涙が流れました。
音楽って素晴らしい。映画も素晴らしい・・・
今年もステキな映画と出会えるとよいですね。
TBさせていただきました~

投稿: カオリ | 2007年1月 3日 (水) 23時01分

あけましておめでとうございます★
いつもTBでお世話になっております^^;

また記事をきつけたらTBをバンバン飛ばしたいと思いますので
今年も宜しくお願いしま~~す ぺこ <(_ _)>

それにしてもChristmas・eveに観たんですねぇ。
第九が、雰囲気があるのでぐぐっときた事でしょうね(^.^)
私は年始に観てまいりました。
この映画で1年が始まってよかったデス~~♪

投稿: とんちゃん | 2007年1月 4日 (木) 23時04分

いろいろな他の記事にまでTB頂きありがとうございます。めちゃ、嬉しかったです。(試写会メインのブロガーさんは記事探すの大変ですからね~、あ、でもインデックスが充実しているので、今度から活用します!)

>なんなんだろう?ワケもなく涙が溢れてきた。音楽に感動するってこういう事なの?
そうなんですよね~。自分もあそこはお涙度満点。ああいうシーンに非常に弱いんですよ。
ダイジェストでもあれだけなんですから、またナマで聞きたいです。10年以上、第九なんてナマで聴いてないからなぁ~

投稿: 八ちゃん | 2007年2月 1日 (木) 00時16分

カオリさん>すっかり返事が遅れてしまってどうもすみません!
今更ですが今年もよろしくお願いします。
第九良かったですよね。
私も今年もたくさんイイ映画に巡り会いたいです!

投稿: しましま | 2007年2月 5日 (月) 23時32分

とんちゃんさん>返事が遅れてすみません。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。
イブに見ちゃいました。
そして周りにも私と同じ考えの人がたくさんいたみたいです。
珍しく満員の映画館での鑑賞でした。
第九良かったですよね。

投稿: しましま | 2007年2月 5日 (月) 23時35分

八ちゃんさん>私は残念ながら第九をナマで聴いたコトがないんです…。
この映画を観て、是非聴きたくなりました!
いつか聴きに行くチャンスができればいいのですが。
音楽の素晴らしい映画ってイイですよね!

投稿: しましま | 2007年2月 5日 (月) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13171/4654880

この記事へのトラックバック一覧です: 『敬愛なるベートーヴェン』・劇場:

» 敬愛なるベートーヴェン [シュフのきまぐれシネマ]
敬愛なるベートーヴェン  12/25(月)シネマイクスピアリ 監督:アニエスカ・ホランド 出演:エド・ハリス/ダイアン・クルーガー/マシュー・グード/ラルフ・ライアック他 「太陽と月に背いて」の監督だということと 12分間の第九のシーンがあるという車内吊... [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 12時56分

» 敬愛なるベートーヴェン [八ちゃんの日常空間]
お馴染みのCD一枚には約74分のサウンドデータを記録する事ができる。これは容量としての目安・限界ではなく、実はベートーヴェンの第九がすっぽり納まる時間だからなのだ。誰でも知っている第九の誕生を描いた物語は美しい舎弟愛に溢れている。... [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 21時33分

» 敬愛なるベートーヴェン(05・英・ハンガリー) [no movie no life]
あの予告編を観ただけで心が騒ぎました。合唱部魂?(高校のとき合唱部でした~)が揺さぶられました。 で、「第九といえば年末でしょう!」と意気込んでたのですが・・・結局年を越してからの鑑賞となりました。 自然に涙が流れました。 ただ少年が歌っている、それだけで涙... [続きを読む]

受信: 2007年1月 3日 (水) 23時00分

» 敬愛なるベートーヴェン [悠雅的生活]
神の声を伝える孤独な天才と 美しき写譜師 [続きを読む]

受信: 2007年1月 4日 (木) 00時53分

» 【劇場鑑賞142】敬愛なるベートーヴェン(Copying Beethoven) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
“第九”誕生の裏に、 耳の聴こえないベートーヴェンを支えた女性がいた。 孤高の音楽家ベートーヴェン、歴史に隠されたもう一つの物語。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 4日 (木) 22時30分

» 敬愛なるベートーヴェン [とんとん亭]
「敬愛なるベートーヴェン」 2006年  英/洪(ハンガリー) ★★★★★ 1824年のウィーン・・・今からおよそ200年前に遡る。 世界的にその存在を知らない人は居ない有名な音楽家ベートーヴェンの晩年 をドラマチックに、音楽に乗せて展開する。 ...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 4日 (木) 23時01分

» 敬愛なるベートーヴェン(イギリス・ハンガリー) [映画でココロの筋トレ]
気になっていた映画の試写会。うれしい! 「敬愛なるベートーヴェン」を観ました。( → 公式HP  ) 出演:エド・ハリス 、ダイアン・クルーガー 、マシュー・グード 上映時間:104分 音楽学校に通う学生アンナ(ダイアン・クルーガー)は、学校から... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 20時52分

» 「敬愛なるベートーヴェン」 表現者にとって、理解者は何事にも代え難いもの [はらやんの映画徒然草]
漫画「のだめカンタービレ」のおかげで、普通にクラッシックを聞くことが多くなりまし [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 14時31分

» 敬愛なるベートーヴェン [週末映画!]
期待値:91%  原題は「Copying Beethoven」。 エド・ハリスがベートーベンになりき [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 09時08分

» 敬愛なるベートーヴェン Copying Beethoven [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
エド・ハリス、ダイアン・クルーガー主演 馬車で急ぐ若い女性 彼女の目に映る光景は幾重もの旋律が折り重なれ 目まぐるしく情景が反復し複雑に絡み合うフーガそのものでした ベッドに添い彼女は「マエストロやっとあなたの曲が理解出来ました」 頬をつたう涙 朝日の中でベートーベンは静かに息を引き取るのです 1824年ウィーン最後の交響曲に合唱を挿入しようとするベートーベン 初演の4日前にかかわらず 画期的な合唱部分の楽譜は完成してません シュレンマーは完成を急ぐため 優秀な写譜師を音楽学校へ依頼し... [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 01時30分

» 敬愛なるベートーヴェン [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:アグニエシュカ・ホランド キャスト:エド・ハリス       ダイアン・クルーガー       マシュー・グード 、他 ■ストーリー■  1892年・ウ... [続きを読む]

受信: 2007年1月16日 (火) 11時24分

» 『敬愛なるベートーヴェン』 [映画館で観ましょ♪]
天才ゆえの孤独・苦悩・狂気。 53歳のベートーヴェンを23歳の写譜師アンナの目を通して描かれています。 尊敬しながらも、母のように、厳しくまっすぐ、そして優しい目で包み込む感じで... “第九”が初... [続きを読む]

受信: 2007年2月 8日 (木) 23時22分

« 『アジアンタムブルー』・劇場 | トップページ | 『エバー・アフター』・テレビ »