« 『きみにしか聞こえない -CALLING YOU-』・本 | トップページ | 『さくらん』・試写会 »

2007年1月28日 (日)

『天国は待ってくれる』・試写会

Photo_89今日は某ラジオ局のサイトで3人1組として当選した

『天国は待ってくれるの試写会に行ってきた。

《私のお気に入り度:★★★★☆

“涙の脚本家”岡田惠和の描いた青春ストーリー

というのに惹かれて応募したこの作品。

大泣きとまではいかなかったけどやっぱり泣いてしまった。

二人の男に想われて、でもどちらも傷つけたくなくて、二人とイイ関係でいたい女。

一つ間違えるとモテる女の贅沢な悩みでイヤミにしかならない設定なのに

今作の薫は逆にその二人の間で揺れている姿が

辛そうで可哀想で、思わず同情してしまう、そんな女性だった。

きっと幼い頃の3人の姿がきちんと描かれていたからかな。

子供の頃はあんなに仲が良かった3人。いつも一緒で、あの頃はずっと変わらないと信じていた。それでも男と女である以上恋愛感情は生まれ、やがて昔のままというワケにはいかなくなる。同性であったらいつまでも変わらない関係でいられたかもしれない仲良しの友達。ずっと一緒にいて、かけがえのない存在の大切な二人とはできればいつまでも仲良くいたい。どちらの“友達”も失いたくない。仲が良ければ良いほど、男女関係なく縁が切れてしまうのは悲しいコト。

そんな風に思えたから、武志と宏樹の間で揺れる薫が切なかった

今作はドロドロした部分が全く無くて、お互いが本当にお互いの幸せを想う

キレイなストーリーなのがよかったのよね。

3人の家族もそれぞれが温かくてみんなイイ人!だから余計に涙を誘った

ただ、一つ気になったのは、3年間寝たきりのはずの武志の髪型やヒゲが

いつまでも入院患者らしくならずに、ずっとキレイに整っていたのには違和感を感じた。

2007.2.10公開

|

« 『きみにしか聞こえない -CALLING YOU-』・本 | トップページ | 『さくらん』・試写会 »

「シネマ鑑賞作品」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「試写会でシネマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13171/5094232

この記事へのトラックバック一覧です: 『天国は待ってくれる』・試写会:

» 【2007-26】天国は待ってくれる(heaven can wait. maybe....) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
この友情は永遠 ”聖なる三角形”は”永遠の三角形” 目覚めた愛を貫こうとした、武志 友情を守り抜こうとした、広樹 友情と愛情に心揺れる、薫 あの頃、僕ら3人は 永遠だと思っていた。 3人で過ごせる時間、あと、30日。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 22時49分

» 「天国は待ってくれる」見てきました。 [よしなしごと]
 最近映画を観て泣いてないな~。と言うことで、天国は待ってくれるを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 20時34分

« 『きみにしか聞こえない -CALLING YOU-』・本 | トップページ | 『さくらん』・試写会 »