« 『フライ・ダディ』・試写会 | トップページ | 2007年3月シネマ鑑賞作品 »

2007年3月31日 (土)

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』・試写会

Photo_107今日はKampoのキャンペーンで当選した

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトンの試写会に行った。

《私のお気に入り度:★★★★☆

原作を読んでメチャメチャ感動して大泣きしてしまったせいか

スペシャルドラマであっさりしすぎた物語にガッカリし

連続ドラマに至っては主役のイメージがあまりに違いすぎて

途中で観るのをやめてしまった『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』

映像化された作品にはとことん幻滅させられてきたにもかかわらず

また懲りずに試写会に応募してしまった。いや逆に今度こそという気持ちで

期待に胸膨らませ臨んだ今作。よかった!何よりもキャストのイメージが

すごく合っていてよかった!マー君がリリー・フランキーだと知っている以上

やっぱりどう頑張ってもカッコよくしか見えない役者はイメージに合わない…。その点

オダギリジョーは服装や髪型でいくらでもキャラが変えられるから適役だった。

そしてオカン役の樹木希林最高に良かった!オカンが東京に出る決意をする

シーンなんか、思い出してもまた涙があふれそうになるほど

原作を読んだ時のイメージにピッタリ!あの独特の雰囲気が時には笑わせ

時には場を和ませ、常に私の涙腺を刺激し、最後には鼻がズルズル状態だった。

それとオカンの若い頃を樹木希林の実の娘、内田也哉子が演じていたのも

良かったと思う。声は低いし、演技がすごく上手かったというワケではないのだけれど

とにかく樹木希林と見た目も喋り方もしぐさもそっくりだから全く違和感がない!

雰囲気まできちんと引き継いでる娘だからこの役にピッタリだったんだと思う。

ストーリーは原作同様淡々としていたけれど、出てくるキャラが濃く、じっくり観ていたい

気持ちにさせられるから、上映時間が142分という長さでも全く気にならなかった。

2007.4.14公開

|

« 『フライ・ダディ』・試写会 | トップページ | 2007年3月シネマ鑑賞作品 »

「シネマ鑑賞作品」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「試写会でシネマ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(^^)
樹木希林さん、本当に良かったですよね!
しましまさんの書かれているように、東京に出る決心をするシーンとか、
例えセリフのないシーンでも心情が伝わってきて、ノックアウトされました。
また寄らせていただきます☆

投稿: いも | 2007年4月10日 (火) 17時48分

いもさん>やっぱり樹木希林さんにやられてしまいましたか!
ホント改めてすごい女優さんだと思いました。
そしてたくましいのに変なところで控えめなオカンが
またすごくよかったです!

投稿: しましま | 2007年4月11日 (水) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13171/5676786

この記事へのトラックバック一覧です: 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』・試写会:

» 映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 [いもロックフェスティバル]
映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の試写会に行った。 [続きを読む]

受信: 2007年4月10日 (火) 17時41分

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン [C'est Joli]
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン’07:日本 ◆監督:松岡錠司「さよなら、クロ」「アカシアの道」◆出演:オダギリジョー 、樹木希林 、内田也哉子 、松たか子 、小林薫 、冨浦智嗣 ◆STORY◆1960年代、3歳だったボクは、酒グセの悪いオトンと別れ、オカンと共....... [続きを読む]

受信: 2007年4月11日 (水) 23時41分

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン [シュフのきまぐれシネマ]
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン  4/12(木)@東劇 監督:松岡錠司 原作:リリー・フランキー 脚本:松尾スズキ 出演:オダギリジョー?、?樹木希林?、?内田也哉子?、?松たか子?、?小林薫  他 配給:松竹 上映前、そして上映後にも松岡監督... [続きを読む]

受信: 2007年4月14日 (土) 14時12分

» 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』舞台挨拶@丸の内ピカデリー1 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『蟲師』舞台挨拶@新宿ミラノ1に続いての生オダジョー。あれはホント酷かった(爆)さて田中裕子・大泉洋による2時間ドラマ版、最終回だけ見たw倍賞美津子・速水もこみちによる連ドラ版、そして映画版『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』が満を持しての登場実は...... [続きを読む]

受信: 2007年4月15日 (日) 04時34分

» 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 [Sweet* Days ]
原作:リリー・フランキー 脚本:松尾スズキ CAST:オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、小林薫 他 STORY:1960年代、小倉に暮らすボクは、オカン(内田也哉子)と共に、オトン(小林薫)と暮らした家を出る。その後高校になったボクは、大分の美術学校に入学することになり、オカンの元を離れる・・・ リリー・フランキー著の同名小説の映画化。結局原作は読んでいないのだけど、大泉洋&田中裕子の2時間ドラマ版、 速水もこみち&倍賞美津子の月9版でとりあえずこのお話には触れていました。 2... [続きを読む]

受信: 2007年4月16日 (月) 16時40分

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン [ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!]
109シネマズでポイントがたまって只でエグゼクテゥブシートで鑑賞♪ 冷静に見るも、恥ずかしげもなくマザコン全開! でも、そのときになったらきっと誰しも思う感情かもしれないなぁ。 ... [続きを読む]

受信: 2007年4月16日 (月) 18時28分

» 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」試写会 [ミチミチ]
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 監督 松岡錠司 CAST オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、松たか子、小林薫・・・story 1960年代。3歳のボク(オダギリジョー)は、真夜中に玄関の戸を蹴破って帰ってきた酔っぱらいのオトン(小林薫)にいきなり焼き....... [続きを読む]

受信: 2007年4月16日 (月) 21時32分

» 映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 [映画専用トラックバックセンター]
映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」に関するトラックバックを募集しています。 [続きを読む]

受信: 2007年4月18日 (水) 13時35分

» 「 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2007) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
監督 : 松岡錠司 出演 : オダギリジョー  /樹木希林 /内田也哉子 [続きを読む]

受信: 2007年4月22日 (日) 14時07分

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(日本) [映画でココロの筋トレ]
「ゆれる 」ですっかりオダギリジョーファンになってしまったアンマリーです。 「蟲師 」ではお顔半分しかみせてくれませんでした。 こちらでは全開でみることができそう・・・ということで、 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」を観てきました~。 ( → 公... [続きを読む]

受信: 2007年4月23日 (月) 18時26分

» 東京タワー [日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。]
こんばんわ、maiです。 久しぶりに、映画ネタを書こうと思います。 ついこの前まで、月9で「東京タワー」が放送されていましたが、 なんと、今度は映画で公開されることになりました。 4月14日公開です。 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 今回は、さ... [続きを読む]

受信: 2007年4月27日 (金) 00時59分

» 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]           2007/04/14公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:][:星:]  【監督】松岡錠司 【脚本】 松尾スズキ 【原作】リリー・フランキー 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 【主題歌】福山雅治 『東京にもあったんだ』 【時間】142分 【出演】 オダギリジョ... [続きを読む]

受信: 2007年4月27日 (金) 01時12分

» 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」みんな知ってる物語... [soramove]
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」★★★★泣ける! オダギリジョー、樹木希林主演 松岡錠司監督、2007年 原作がヒットしドラマ化と露出過多気味だけれど やはり見てきました。 入院中のオカンと見舞う主人公、 現在から子供時代を回想する仕掛...... [続きを読む]

受信: 2007年4月28日 (土) 15時15分

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン [映画、言いたい放題!]
この作品、沢山映像化されてますが未見です。 本は読みました。 映画館客層は、意外にもかなり年齢層が高かったです。 1960年代。 3歳のボクは、遊び人のオトンを捨てたオカンに連れられ、 小倉から筑豊のオカンの実家に戻ってきた。 オカンは女手ひとつでボクを育てた。... [続きを読む]

受信: 2007年5月29日 (火) 17時40分

« 『フライ・ダディ』・試写会 | トップページ | 2007年3月シネマ鑑賞作品 »