« 『ママの遺したラヴソング』・試写会 | トップページ | 『オール・ザ・キングスメン』・試写会 »

2007年3月19日 (月)

『神童』・試写会

Photo_103今日は某フリーペーパーの携帯サイトと

2つの某フリーペーパーのウェブサイトでトリプル当選した

『神童の試写会に行ってきた。

《私のお気に入り度:★★☆☆☆

やっぱりクラシックって心癒される~。なのにあんまりちゃんと聴く機会ないなぁ。

この作品はとにかくピアノがすごい!あんなに指が軽やかに動くなんて

とても同じ人間とは思えない。そしてクラシックではないんだけど

ちょこちょこ出てきた「a ripple song」って曲がまた効果的なのよね。

初めは何でもなかった旋律が、何度か聴くうちに段々思い入れができてきて

仕舞いには最初のたった4音を聴くだけで涙腺が緩むようになってしまった。

そして音楽がテーマの映画だけあって、効果音がすごく効いていて

言葉のないシーンが続いても、その沈黙がまた心地よくて全く眠くならなかった。

ただ、声楽科のコが歌うシーンにはビックリした!会場中失笑だった。

『戦場のアリア』の時も会場は微妙な空気に包まれていたけど

今回はさらに上を行く酷さで、思わず観ちゃいけないものを観てしまったような

気まずさに笑うしかなかった…。それと、結局この作品が何を伝えたかったのかが

よく分からなかった…。なんとなく最後があやふやな感じで

イマイチすっきりしない終わり方だった。

2007.4.21公開

「神童」オリジナル・サウンドトラック 「神童」オリジナル・サウンドトラック 

アーティスト:サントラ
販売元:ERJ
発売日:2007/03/21

Amazon.co.jpで詳細を確認する 

|

« 『ママの遺したラヴソング』・試写会 | トップページ | 『オール・ザ・キングスメン』・試写会 »

「シネマ鑑賞作品」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「試写会でシネマ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
『カリスマ映画論』の睦月です。

私もこの映画・・・イマイチでした。
あのアフレコのシーンなんか最悪でしたよね(苦)。
ピアノの演奏シーンなどは素晴らしいと思いましたが、
全体的にすっきりしない物語なのに、やたら長さを感じて
あまり楽しめませんでした・・・。

松山さんはとってもステキだったと思います♪

では今後ともよろしくお願いいたします!

投稿: 睦月 | 2007年4月 6日 (金) 11時30分

睦月さん>まぁ、私も★2つなので
すごく楽しめた映画ではなかったんですけど
クラシックの演奏とかスポーツとかって
ただ本番を観るよりも、当事者の裏の姿も知っていると
楽しめるトコってあると思うんです。
この映画ももちろん演奏は素晴らしかったのですが
それを演奏するうたという人間を知った上で
それを聴くというところに私的には楽しみがあったような…。
ただ、やっぱりあの吹替えはいただけないですよね…。
私も恥ずかしくて観ていられませんでした。

投稿: しましま | 2007年4月 6日 (金) 16時02分

こんにちは。
TBさせていただきました。
確かに声楽の部分は酷いですよね。後ろ向きに映せばいいのに…と思いましたよ。
松ケンの演技は、自然体ですごく良かったと思います。
キュン!としてしまいました。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2007年4月11日 (水) 11時02分

ノルウェーまだ~むさん>なるほど!後ろ向きなら良かったですね。
やっぱりあのシーンは誰もが納得いかないですよね。
もったいない…。

ところでTBはできていないみたいです…。
よろしければもう一度トライしてみてください。
どうもすみません。

投稿: しましま | 2007年4月11日 (水) 11時23分

おかしいですね~。
あれから何度も再チャレンジしているのですが、どうもTBが反映されないみたいです。
また、違う映画の時にチャレンジさせていただきますね。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2007年4月22日 (日) 01時09分

どうもはじめまして。私は名古屋に住んでいるのですが
「ボンボン」という映画はこれから封切りで
見ようかどうかといろんな方のブログを見てまわったら
こちらに行き着きました。

「神童」は私も先週見てきましたが、どうもしっくり
こない感じでした。ピアノ弾くシーンはいいな~と
思ったのだけど、伝えたいことがいまひとつ・・
「a ripple song」もかわいらしかった
んですけどね。それと皆さん違和感あったと思うのは
やはりあの歌のシーンですよね。「戦場のアリア」以上の
ひどさと私も同感でした。

投稿: のら | 2007年4月26日 (木) 21時58分

ノルウェーまだ~むさん>ホントおかしいですね~。
私にも原因がよく分からないのですが
記事によって相性があるみたいです。どうもすみません。
でもまた遊びに来てくださいね。

投稿: しましま | 2007年4月26日 (木) 22時40分

のらさん>これだけいろんな人があのシーンに幻滅していると
あのシーンが作品全てを台無しにしたように思えてなりません。
音楽は癒されるだけにもったいないです。
まぁ、全体的に静かな感じだったのであんまり得意な分野の
映画ではありませんでしたが…。
『ボンボン』もかなり好き嫌いが分かれそうな作品でしたよ。
私は主役のおじさんが気に入ったのでそれなりに楽しめましたが
物語はやっぱり平坦な感じだったので
退屈に感じる人もいるかもしれませんね。

投稿: しましま | 2007年4月26日 (木) 22時50分

こんばんは。いつもありがとうございます。
八ちゃんも貫地谷しほりの吹き替えにはびっくりしました。というかまさに失笑です。

投稿: 八ちゃん | 2007年5月 5日 (土) 21時14分

八ちゃんさん>こちらこそいつもありがとうございます。
劇場が笑い声で満たされるコトはよくあっても
失笑でいっぱいになるコトってなかなか経験できないので
ちょっと面白かったです。

投稿: しましま | 2007年5月 6日 (日) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13171/5636019

この記事へのトラックバック一覧です: 『神童』・試写会:

» 神童(試写会) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆神童相手にボヤく・・・・ [続きを読む]

受信: 2007年4月 6日 (金) 11時28分

» 「神童」音楽と一緒に気分も盛り上がる [soramove]
「神童」★★★☆ 松山ケンイチ、成海璃子 主演 萩生田宏治 監督、2006年 音大に受からなければ、家業の八百屋を 継ぐことを親に約束した主人公。 彼は13歳の天才少女ピアニストと出会う。 冒頭のシーンがいい、 湖のボートの上で、寝転んで 自然の音に...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 3日 (木) 19時53分

» うたとワオが奏でる物語。~「神童」~ [ペパーミントの魔術師]
普段追っかけるのは最新のJPOP、 それも偏った聞き方しかしてないもんで クラシックはようわかりませんの。 それでもね、素人なりに 同じピアノで同じ曲を弾いても こうも違うんだってのは感じるわけでして。 うたのピアノはすごかったな~。 人が集まってくるのも納得しちゃ..... [続きを読む]

受信: 2007年5月 7日 (月) 15時36分

« 『ママの遺したラヴソング』・試写会 | トップページ | 『オール・ザ・キングスメン』・試写会 »