« 『ミリオンズ』・レンタル | トップページ | 『ビヨンド・サイレンス』・レンタル »

2007年4月 9日 (月)

『こわれゆく世界の中で』・試写会

Photo_110今日は某映画関連サイトで当選した

『こわれゆく世界の中での試写会に行ってきた。

《私のお気に入り度:★★★★☆

大人な映画だわ~。こういう登場人物の心理描写が

細かく描かれている作品って好き

鈍チンの私には監督が意図したコトをすべて読み取るコトはできないんだけど

それでもそれぞれの立場の人間が、どういう風に考えてどういう行動をとって

それがどういう結果をもたらすのかをじっくり観られるのは

決して自分は経験しないであろう別の人生を経験させてもらった感じがして

なんだか面白い。ウィルの気持ちを揺り動かす2人の女性リヴとアミラは

両方とも問題を抱えた子供を持つ母親でそれぞれ母としての想いが強い。

今日のパートナー曰く、母親の娘に対する愛情と息子に対する愛情は違うらしい。

だから子供が一方は娘、もう一方は息子と違ったり

そもそもウィルとの最初の出会い方が違ったりと、そういう少しずつ違うところから

彼女たちのウィルに対する想いも違ってきたんだと思う。

そんな2人に“真実の愛”を求めたウィル。親になりきれない男はやっぱり子供っぽい。

そしてそんなウィルを最終的に許し、受け入れた女はやっぱり大人なんだと思う。

ちょっとドラマ『今週、妻が浮気します』を思い出しつつも

これが男と女の違いなのかしらとも思ってしまった。

2007.4.21公開

|

« 『ミリオンズ』・レンタル | トップページ | 『ビヨンド・サイレンス』・レンタル »

「シネマ鑑賞作品」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「試写会でシネマ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
『カリスマ映画論』の睦月です。
ブエナビスタ試写室での試写会ですよね?
私もおりましたっ!!

大人のラブストーリーとして、とっても繊細に描かれた
ドラマが素晴らしかったです。

記事は後ほどアップ予定なので、そのときまた遊びにきますね♪

投稿: 睦月 | 2007年4月11日 (水) 00時53分

睦月さん>同じ会場にいたんでね~。始まる前に会場を見回したんですけど
「女性が多いなぁ」って思っただけで睦月さんには気づきませんでした…。
もっとじっくり来ている人を観察すればよかったわ…。

この映画はもっといろいろな経験を積んだ後にもう一度観ると
また違う見方ができる作品なんだろうなぁと観終わった後に思いました。
そして男性と観てその人がどう感じたかを聞いてみたいとも思いました。
イイ映画でしたね♪

投稿: しましま | 2007年4月11日 (水) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13171/5969309

この記事へのトラックバック一覧です: 『こわれゆく世界の中で』・試写会:

» こわれゆく世界の中で(試写会) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ 虚像を砕き、真の愛に気づくとき・・・  [続きを読む]

受信: 2007年4月16日 (月) 00時38分

» 映画:こわれゆく世界の中で 試写会 [駒吉の日記]
こわれゆく世界の中で 試写会(ブエナビスタ試写室) 「お互いの顔を見なくなる」 (原題 BREAKING AND ENTERING)予告とタイトルからドロドロのメロドラマ?かと思ってました。確かにメロドラマ、しかも皆疲れた顔してて辛気臭い。でも生きていく中ではこんな時期もあるん... [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 15時33分

» こわれゆく世界の中で [八ちゃんの日常空間]
4年ぶりに出口調査にひっかかりました(笑)まぁ、月並みな感想しか述べていないので掲載されないでしょうが…… [続きを読む]

受信: 2007年4月24日 (火) 01時04分

« 『ミリオンズ』・レンタル | トップページ | 『ビヨンド・サイレンス』・レンタル »